問題解決に役立つロジカルシンキング(論理思考)を基礎から学ぶ。

ロジカルシンキングを必要とする背景とは

解決困難な問題に取り囲まれている

今日、産業の多くが成熟化したわが国のような先進国においては、これからの先の見えない時代に向かって、さまざまな難しい問題に直面しています。少し視野を広げて見れば人口高齢化と少子化の進展に伴う問題、破綻状況にある国家財政の問題、産業の空洞化と雇用の問題等の解決困難な様々な問題の存在に気づきます。

従来のように経験と勘を頼りに、決められたことに一生懸命に取り組むだけで立ち向かえるほど容易ではない問題ばかりです。この時代に生きるビジネスパーソンには、これらの経験したことがない問題に対してもゼロベースから解決に取組むことができる力が求められています。

スポンサーリンク

問題を解決する力が要る

そのためには21世紀に生きる私達一人ひとりが真の問題解決者となるべく、意識して「思考能力」や「対人能力」を日常の仕事や職場の内外に存在する身近な問題の解決体験を通じて磨いておくことが大切です。

やがて、人々の大きな力が新たな価値を創造し、これら大きな問題の解決につながるに違いありません。その問題解決能力の1つの基盤となる物事の考え方が、これからのビジネスパーソンに必須のロジカルシンキング(論理的思考)なのです。

講座を通じて独学でロジカルシンキングを学ぶ

ビデオ講座で学ぶなら、さほど難しくない

世界中で通用するロジカルシンキング(論理的思考)は、実務の世界で誰もが活用し得る普遍的な考え方ですから、それほど難しいものではありません。しかし、最も基本となる論理学の初歩的な領域から、コミュニケーションや問題解決への応用までを書籍と経験だけから独学で学ぶことは骨の折れることであり、ましてや、自己流では心配です。

基礎を理解すれば自信が持てる

本サイトでは論理的思考を学びたいが研修を受講する機会に恵まれないという人のために、独学で学ぶことができるよう、論理的思考の要点について、わかりやすく詳細に解説しています。

こちらから(登録不要:無料)→ロジカルシンキング・ビデオ講座

本講座では、今日のような時代において活躍するビジネス・パーソンに不可欠な普遍的な思考法、ロジカル・シンキング(論理的思考)をビデオによる講義と演習により、独学で学んでいただきます。

ビデオによる講義と小演習体験を通して論理的思考を学ぶことになりますので、短期間で基礎をしっかりと理解した上で自信を持ってその後の活用にチャレンジできるようになるはずです。

ビデオ講座ではロジカルシンキングの基礎的な事柄はすべて網羅していますが、もっと深く詳しく学習したい、他の演習にも取り組んでみたいという場合にはテキスト講座もご活用いただけます。

こちらから(登録不要:無料)→ロジカルシンキング・テキスト講座

半年間ないしは1年間程度もの時間をかけて学習するのは大変だと思いますが、論理的思考を深く理解できるメリットもありますので、ロジカルシンキングを学ぼうとする人であれば、どなたでもご活用いただきたいと存じます。

実務で活用しなければ身に付かない

最も大事なことをお伝えしておかなくてはなりません。ロジカルシンキングの能力を本当に自分の身に付けるには、学んだ理解した事柄を実務で何度も活用することが必要です。最初は、理解した事柄をどう活用したら良いのか、戸惑うことも普通であり、活用の仕方も大抵の場合”ヘタクソ”ですが、次第に上手に使えるようになります。

最初から実務で活用するのは難しいという人は、例えば、こちらの記事を参考にして検討してみましょう。⇒ロジカルシンキングの日常トレーニング方法! ロジカルシンキング、例題問題と解答・答えのある例題集・本の活用法!

1度や2度程度の試みで思うように行かないからと言って、決して諦めずに、何度も何度も活用し続けるなら、誰でも必ず適切に使えるようになりますので、努力を惜しんではならないことを肝に銘じておきましょう。

能力を本格的に鍛えようとお考えでしたら、こちらもご参照ください。⇒ ロジカルシンキングの鍛え方とは

どのような効果が期待できる?

「論理的に考える」などと聞きますと難しいように思われますが、「わかり易く考える」と言い換えても良いでしょう。「わかり易く考える」ことができれば人とのコミュニケーションをスムーズに行うための1つの条件が整います。難しい問題も紐解いて何が本質なのかを明らかにしたり、どうしたら解決できるのかについても大変取組み易くすることができるわけです。

つまり、ロジカルシンキング(論理的思考)を学ぶことによって、大きくは
 1)人にわかるように伝えられる
 2)問題解決に取り組める
という2つのことが期待できますので、具体的には例えば次のような日常的な困りごとを解決するためにも役立ちます。

困りごと(コミュニケーションのイロハから創造的課題まで)

  1. 「あなたの話はわかりにくい」と言われているが、どうしたら良いのだろうか
  2. 部下に「ロジカルでない」とは言っているが、今後も自己流でやって行けるだろうか
  3. 頭脳には多少の自信があるが、今までは経験と勘(or直感)で何とか仕事をこなしてきたので不安もある
  4. 本で勉強したが、実務でどう使ったら良いかわからない
  5. 問題はいろいろあるが、どう取組み、どう解決したら良いかアプローチの仕方がわからない
  6. 組織メンバーの論理的思考力と部門の問題解決力を1ランク向上させたい
  7. ありきたりの発想から脱却して、創造的な解決策を発想することができない
  8. 「なぜなぜ分析」を勉強したが上手に使えない

スポンサーリンク

ロジカルシンキング記事集

ロジカルシンキングで問題解決!解決策アイディアの創出方法と例題!

アイディア創出の方法には、論理思考的観点に立つものと創造思考的観点に立つものとがある。問題解決における解決策立案のためのアイディア創出の基本は、まず論理的に考えることを優先、ロジカルシンキングにより、概念形成を繰返し考え抜くことである。

ロジカルシンキングで問題解決!みんなで使う問題解決プロセス!

普遍的な「問題解決プロセス」を紹介するとともに、問題解決に取組む際の大事なステップの要点とプロセス全体を通じて留意しておきたい重要な事柄について説明しています。

ロジカルシンキングで問題解決!例題で学んでおきたい解決策立案のコツ!

「問題解決プロセス」を構成する「問題の設定」と「問題の解決」の2つのプロセスのうち、後半段階の「問題の解決(=解決策の立案と実行)」に焦点を当て、具体的な進め方を、実際に、例題事例に取組みながら解説しています。

ロジカルシンキングで問題解決!例題で問題の設定にチャレンジ!

「問題解決プロセス」を構成する「問題の設定」と「問題の解決」の2つのプロセスのうち、前半段階の「問題の設定(=課題形成)」に焦点を当て、具体的な進め方を、実際に、例題事例に取組みながら解説しています。

ロジカルシンキングで因果関係図の作成法!因果関係の解明・例題と解答

複数の事象が複雑に絡み合い、結果として生じている問題に対し、ロジカルシンキングによる因果関係図を用いて、因果の関係を解明し、原因を明らかにする方法について、例題と解答をご紹介しながら解説しています。

ロジカルシンキングで帰納法と演繹法の活用法!論理ピラミッド構築事例と演習問題!

ロジカルシンキングで、既に演繹法と帰納法を学んだ人が、それらを使って簡単な文書や論理を作成するために役に立つ論理ピラミッドの構築についてご紹介します。

ロジカルシンキングで帰納法を使いこなす!概念形成力を磨け!

ロジカルシンキングで帰納法を使いこなそう。帰納法によって導かれた結論は仮説ですが、前提が有する情報を越え、前提に共通する事柄を見出せる限りいくつもの可能性が存在します。

ロジカルシンキングで演繹法の使い方!実例に学ぶ妥当性の判定法

ロジカルシンキングで演繹法を使いこなそう。演繹法・三段論法の見極めには論理を媒介する媒名辞(中名辞)の存在を確認する方法や「前件肯定規則」、「後件否定規則」が役に立ちます。

ロジカルシンキングのロジックツリー例題でトレーニング!MECEでもNGな訳とは?

ロジカルシンキングにおけるロジックツリーは、MECEだけでなく目的に適したツリーでなければ役に立ちません。例題を使って、ゼロベースから目的にあった切り口で、MECEなロジックツリーを作成する方法を紹介しています。

ロジカルシンキングにおけるフレームワークとは?フレームワーク思考で問題解決!

ロジカルシンキング(論理的思考)におけるフレームワークとはどのようなものか、フレームワーク思考によって問題解決に取組むこと等について紹介しています。

PAGETOP
Copyright © ロジカルシンキング研修.com All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.